【SAPトライアル環境構築まとめ】目的別作業一覧

環境準備

これまで紹介した10個のトライアル環境構築作業について、

  1. Fioriの画面開発をしたい人向け
  2. Eclipseで開発をしたい人向け
  3. SAP GUIで開発をしたい人向け

の3つの目的別に分類してまとめましたので参考にしてください。

開発ツールで何ができるか

作業内容をまとめる前に、各種開発ツールで何の開発ができるのかをまとめておきます。

Web IDEExlipseSAP GUI
Web画面××
Report×※1
Dynpro××
テーブル×
データベースビュー×
CDSビュー×※2
クラス×
汎用モジュール×
※1:SAPサーバに接続すれば可能
※2:照会のみ可能

WEB画面はWeb IDE、SAPの画面(Dynpro)を伴うABAP開発はGUI、SAP画面を伴わないABAP開発はEclipse、GUIの両方で開発可能です。

Fioriの画面開発をしたい人向け

1.Pユーザの登録

2.SAP Cloud Platformアカウント作成

3.Web IDEの設定

Eclipseで開発をしたい人向け

1.Pユーザの登録

2.SAP Cloud Platformアカウント作成

3.SAPインスタンス作成(クラウド版)

4.開発環境(Eclipse)のインストール

5.SAPインスタンスへの接続

SAP GUIで開発をしたい人向け

1.Pユーザの登録

2.SAPサーバの構築(前半)

3.SAPサーバの構築(後半)

4.SAP GUIのインストール

5.SAP GUIで開発環境にログイン

こんな感じです。

Pユーザの登録は何をするにも必須、あとは適宜必要な部分を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました